レディ

理想の二重を目指す┃手術に掛かる費用の確認

上手に誤魔化す

鏡を見る人

理想の自分になるために、思い切って美容整形手術を受けた人の悩みとして一番多いのが周囲の人に二重整形をしたことがバレてしまうのではないかという不安です。どんなに腕の良い医師が手術を行なっても患者の体調や手術の内容によっては、しばらくは目が腫れてしまったり、傷跡が目立ってしまったりするでしょう。そうなってしまうと、ばれないように手術を受けた人でも直ぐに分かってしまいます。絶対に二重整形の手術をしたことがばれたくない、自然な目元にしたいという人は、施術の方法と施術を受ける前に幾つかの工夫をしておくと良いでしょう。例えば手術を受ける前から、化粧やアイテープなどで二重の印象を周囲につけておくのです。家族や彼氏などすっぴんを見る機会のある人なら、誤魔化すことは難しいかもしれませんが、普段から化粧をしている姿しか見ない人にはばれにくくなります。手術前から入念に二重の印象を付けておくことで二重整形の手術をしても、元から二重だったのかなという変化ぐらいで終わらせることができる場合もあります。その他にも、施術方法を変えるというのも一つの方法です。埋没法といっても使う糸の固さを変えてみたり、糸の埋め込み方を変えてみたりすることで、術後の内出血や腫れを抑えることができるのです。費用が多少異なりますが、少し高い費用を出すことで腫れや内出血を抑えることができるのなら良い方法です。こういった事の他にも、アフターケアの方法で、腫れや内出血を抑えることができます。方法としては、手術を受けた当日はなるべく安静にし、家で静かに過ごすようにしましょう。短い時間で施術を終えることができたからといって、すぐに出かけて動いてしまうと血の巡りが良くなってしまい、まぶたが腫れやすくなってしまう可能性があります。こういった事の他にも、横になる際は頭を心臓よりも高い位置にして横になるなどの工夫をしてみると良いでしょう。心臓よりも頭の位置が低くなってしまうと、顔がむくんでしまい腫れが余計に目立ってしまうこともあるです。しかし、この場合は腫れが酷いときに行なう対応方法のため、そこまで腫れが酷くない場合は無理をして行なう必要はありません。そして、内出血を抑える方法としては、氷や冷やし枕などを薄いタオルかガーゼで巻いて患部に当てておくのも良い方法です。そうすることで、腫れや内出血を抑えることができると言われています。ですが、医師によっては冷やさない方が良いと判断することもあるため、アフターケアの方法は自分で判断するのではなく、必ず手術を担当した医師か専門医に確認をしてから行ないましょう。その他に費用をかけずに二重手術を受けたことを隠すなら、サングラスやメガネなどの装飾品を使って隠すのも一つの方法です。フレームの大きなサングラスやメガネなら、上手く手術をした部分を隠すことができるでしょう。ですが、近くで見るとばれる可能性が高いため、絶対にばれたくない人は術後は外出を控え、傷口が目立たなくなるまで大人しくしておいた方が良い場合もあります。費用が多少かかっても平気な人は、美容整形クリニックに相談をして、患部に塗る薬や医療で使うコンシーラーなどを購入してみても良いでしょう。

Copyright © 2017 理想の二重を目指す┃手術に掛かる費用の確認 All Rights Reserved.