レディ

理想の二重を目指す┃手術に掛かる費用の確認

しっかり調べる

目

人によって体型が異なるように、目の大きさも形も大きく異なってきます。そのため二重まぶたの美容整形手術といっても方法も費用も異なってくるのです。例えば、一重の人が二重まぶたの整形施術をうける場合、腫れにくくばれにくい施術方法を利用します。従来の埋没法という施術方法だと、手術の後にまぶたが腫れてしまったり、糸を埋め込んだ部分が膨らんでしまい、近くで見ると二重整形の手術を受けたことがバレてしまうという可能性がありました。しかし、バレにくい施術方法で使われる糸は、心臓の血管手術に使われる程細い糸のため、埋め込んだ場所が分かりにくく、傷跡も目立ちにくく、腫れにくいというメリットがあるのです。この方法なら、周囲にバレることなく二重まぶたになりたい人には最適と言えるでしょう。埋没法の他にも、費用は少し高くなりますがメスを使った二重整形の施術方法もあります。この方法は、二重ラインを作りたい幅に合わせてメスを入れ切開していきます。そうすることで、二重幅を人工的に作ることができるのです。しかし切開をした後は、切った部分を再度糸で縫う必要がある施術方法もあるため、時間も費用もかかりますし、周囲にはバレやすくなってしまいます。そのため、費用を抑え周囲にはバレないように施術をしたいと思っている人は細い糸を使った埋没法に挑戦してみると良いでしょう。埋没法といっても、糸の埋め込み方や縫い方によって、二重幅の形や大きさが異なるため、事前にしっかりと医師の話を聞いて自分の目の大きさや形に合った手術方法を選ぶようにしてみて下さい。日本人の目の形に最も合うといわれている末広型は、自然な印象を与えることができ、自然な化粧でも十分に似合うため、ナチュラルメイクが好きな人には向いているでしょう。まぶたの形によって相手に与える印象も変わるため、自分がどういったイメージの人物になりたいのかという事を考えながら選んでみるのも良い方法です。二重整形の際に、埋没法の方法を変えたからといって費用が高額なることはないため、費用を抑えたい人でも気軽に挑戦することができます。しかし、埋没法で使う糸の種類を変更したり手術の範囲を広げたりすると費用が高くなってしまう可能性もあるため、事前に手術を受ける美容クリニックに確認をしておきましょう。そうすることで、予算内に収めることができますし理想の二重まぶたを手に入れることができます。ですが、埋没法の場合は一定期間を過ぎてしまったり、細い糸を使って施術を行なったりすると、糸が切れてしまい元のまぶたに直ぐに戻ってしまうというデメリットもあります。糸がいつ切れるかどうかは医師でも分からないため、確実に二重まぶたを維持したい人は切開法を利用することも検討してみて下さい。切開法といっても、全切開と部分切開があるため切る範囲を決めて手術を受けることも可能です。部分切開法の場合は、まぶたが厚くなかなか埋没法だけでは綺麗な二重ラインを作ることができない人に向いている方法です。まぶたの厚い部分を切開し、少しラインを作ってあげることで二重幅を作ることができます。全切開法は、まぶたが厚いという理由だけではなく、少し腫れぼったい人や広めの二重まぶたを作りたいという人に向いている方法です。この方法は手術を受ける人の要望に合わせて切開する範囲を決めていきます。全切開の場合、麻酔や抜糸、術後の経過などを観察する必要があるため費用が少し高くなってしまうでしょう。

Copyright © 2017 理想の二重を目指す┃手術に掛かる費用の確認 All Rights Reserved.